面接を終えて内定を貰えれば晴れて転職活動は終わりです。が、ある意味でここが転職活動でもっとも重要な場面でもあります。それは本当にその会社に入るのかどうかを決定しなければならないからです。

 

 もう完全に入社意思が固まっているならば何も問題はありません。その旨をしっかり伝えて入社の準備を始めましょう。しかし、入社への気持ちがまだ固まっていない場合は入社するかどうか、早急に結論を出さねばなりません。場合によっては会社側が面談の機会を設けてくれることもあるので、そういう機会があればできるだけ参加し、自分にとって疑問な部分をクリアにしていきましょう。

 

 転職支援サイトを利用しているのであれば、スタッフにもう一度相談するのもよいでしょう。一番良くないのは気持ちが曖昧なまま、入社すると答えてしまうことです。ごくまれにですが内定を受けて入社すると答えたにも関わらず、やはり後で入社を辞退してしまう人がいます。

 

 企業側は内定を出して入社の意思を受け取るとそれに基いて入社の準備を始めます。人事による社内異動もそれに準じた形で進められますし、もちろん採用活動は終了します。にも関わらずいきなり入社辞退ということになると会社はおおいに迷惑を被ってしまいます。

 

 社内で進めていた準備が無駄になるとすれば損害を受けるといってもいいかもしれません。そういった事態に陥らないように自分の気持ちをきちんと固めましょう。もし辞退するとすれば、最後のラインは内定を受けた後と考えておいていいでしょう。



このページの先頭へ戻る