いざ転職活動をスタートしようと考えた際に、大きな壁として立ちふさがる問題の1つに現在勤めている会社の退職が挙げられます。

 

 一体いつ退職の旨を告げればよいのか?事前に上司などに相談はするべきなのか?退職の正しいルールなどはあるのか?などこれまで転職を経験したことのない方は、わからないことだらけで困ってしまうのも当然です。そこで、以下では転職時の退職に関するポイントを簡潔にまとめてみました。

 

1.退職前には相談を

 

 転職を決心したらまず行うべきことは、直属の上司への相談です。この時点では、まだ正式に退職する旨を伝えるのではなく、それとなく転職を考えているという程度で問題ありません。この段階で相談しておくことで、後々の流れをスムーズにすることができます。

 

2.2ヶ月前には正式に退職を申し出る

 

 正式に退職を申し出るタイミングは、2ヶ月前が望ましいとされています。退職届自体は1ヶ月前で問題ありませんが、あなたが空いた分を確保する時間や引き継ぎのスケジュール等を考慮すると2ヶ月程度は間があったほうが会社として喜ばれます。
 また、1ヶ月前に突然、退職届を突きつけるようなことをしてしまうと人間関係にヒビが入ってしまうだけでなく、場合によってはスケジュール通りに退職できなくなってしまう可能性もあります。

 

3.お得意様へも挨拶が必要

 

 社会人として、お世話になったお得意様に挨拶することも退職時に必要なポイントの1つです。ただし、会社の都合等もあるため、勝手に挨拶しにいくのではなく会社と相談の上、行うようにしましょう。

 

4.退職

 

 退職日までには、必ず自身の身の回りの整理整頓は完了させておきましょう。間違っても私物を残したまま退職して、会社の人に後片付けをさせるといったことがあってはいけません。
これで退職までの簡単な流れのまとめになります。



このページの先頭へ戻る